サイトマップ

航空券の3つの種類

飛行機を使っていこうと考えた場合、航空券は必要になります。ですが、いろいろ細分化されていたりすることで、いったい何がいいのかわかりにくい部分も否めません。会社によって、ニックネームが付いていたりすると、余計に混乱してしまうのです。 航空券には、大きく分けて3つの種類が存在します。この3種類を覚えておくだけでも、内容の違いが分かってくるでしょう。 基本となるのは、正規運賃航空券であり、一般的には普通運賃やノーマル航空券と呼ばれています。予約をとることができれば、有効期限は1年間あります。この間に、何度でも予約内容の変更を依頼することができるのです。最も融通が利く形になるのですが、当然のこと、最も高額になってしまいます。

正規運賃航空券は、あまり使われることがありません。他に格安になる方法があることから、そこまでのオプションをそろえ、正規運賃航空券にこだわる必要がないのです。 細かい制約が付きますが、料金を下げることができるのがPEXこと正規割引運賃航空券です。各社ルールに違いがあることから、価格差も生まれてきています。

さらに、安く上がるようになるのが、格安航空券です。旅行会社が持っている航空券で、団体向けのプランを解体し、ばら売りで打っているものを考えるといいでしょう。席が埋まらないことより、安く出しても埋まることを選んだ結果の航空券ではありますが、時期によってかなり安くなるため、利用者から見ると大きなメリットがあるのです。

 

<注目>
格安航空券を含む様々な航空券の値段を比較出来るサイトです ⇒ 航空券 比較